ボードゲームどうでしょう


dice_ani_01.gif
今日もあなたの人生クリティカル★
こんばんは、だいすです。
最近、コミュマスターのあまおち総統がだいす不在の時に
日記を書いて下さってるみたいですねー。
幼女募集とか書いてたら通報して下さい。
さて、ニュースでこんな記事を見かけました。

不景気に流行るおもちゃは…ボードゲーム!?
世界的な不景気真っ只中の09年。暗い時代だからこそ夢や笑いを求められる。だが、外で遊ぶには金が足りない…。すると遊びは自然に内向きになり、“家で遊べるおもちゃ”が人気になる。その一つがボードゲームだ。
例えばボードゲームの代表格モノポリー。1920年代後半の大恐慌時代のアメリカで考案された後、瞬く間に世界中に広がり、現在では売り上げ2億台を突破する世界No.1のボードゲームだ。“億万長者になる夢”をゲームの中で手軽に味わいたい世界中の人々が、現実を忘れる意味でも熱中しているという。

日本で一般的にボードゲームと言えば、人生ゲームかモノポリー、ちょっとご年配の方は野球版などを
思い浮かべるかもしれませんが、実はボードゲームはドイツが最も盛んで、日本にも多く輸入されています。
もちろん日本製のボードゲームもいっぱい種類がありますし、囲碁や将棋もボードゲームの一種。
双六(現在でいうところのバックギャモン)は、平安時代には既に遊ばれていたという記録もあるように、
ボードゲームは日本人にとって馴染みの深いゲームなのです。
ということで、今日は久しぶりにMIKANSUIお兄ちゃんの登場です。
ボードゲームの魅力について語って頂きましょう♪


Q.ボードゲームの魅力とは?
124.gif  偉そうに語れるほどやっている訳じゃあないんだけどなぁ。
diceicon.jpg  たまには協力して下さい(笑)
124.gif  とりあえず、一言で言うと手軽ってところじゃないかな。
   まぁ、手軽と言っても、当然人を集めないと出来ないってところはネックだけど。
   それでも、シナリオを用意したりとか、TRPGに比べれば下準備が少なくても出来る。
   人さえ集まれば「じゃあやろうか」と広げてすぐ出来る。プレイ時間もTRPGに比べれば短いので、
   時間を長く確保しなくても済むしね。

diceicon.jpg  随分とTRPGとの比較点を強調しますね?
124.gif  一応ここはTRPGメインだし(笑)
   もちろんボードゲームの方が優れているなんて事を言うつもりはない。魅力的な部分が違うってだけだ。
   プレイ時間の短さを生かして、TRPGのセッション終了後の空き時間にやるというのも良い。
   是非合わせて楽しんで欲しいね。

Q.初心者でもすぐ楽しめるお薦めボードゲームは?
124.gif  色々あるけど、まずは『カタン(カタンの開拓者)』かな。
   これは、そこそこ有名で知名度もあると思う。知名度に違わずとても面白い。
   運の要素と駆け引きの要素が適度なバランスだと思うし、カプコンが日本語版を発売していているので、
   手に入りやすいのも良い。

diceicon.jpg  これは以前の記事でも何度か御紹介しているゲームの1つですね。
  最近では家庭用ゲーム機のソフトとしても発売されているので御存知ある方も多いでしょう。

124.gif  でも出来れば一度は顔を合わせてやって欲しいね。
   それとカプコンには申し訳ないけれど、もし手に入るならば、カプコン版のカタンではなく
   元のカタンの開拓者をお勧めしたい。

diceicon.jpg  それは、何か理由があるんですか?
124.gif  カプコン版カタンは2~4人用なのに対して、元のカタンの開拓者は最大6人までプレイ可能なんだ。
   あと、これは個人的な好みになるが、コマが全て木製でとても暖かみがある(笑)

diceicon.jpg  なるほどー。他におすすめはありますか?
124.gif  ちょっと変わったボードゲームを紹介しよう。『スコットランドヤード』というゲームで、
   簡単に言うとボードゲーム上で鬼ごっこ。ただし、犯人役は1人だけ。
   他のプレイヤーは全員刑事役となって追いかけるんだ。

diceicon.jpg  たった1人を残り全員で捕まえるんですか。つまり勝敗は……。
124.gif  そう。プレイヤー側が勝つか、犯人役の人が勝つか。勝敗は一蓮托生だね。
   個人個人で勝敗を競う物が多いボードゲームのなかでは珍しい方に入ると思う。多分。
   刑事側はチームワークを生かして包囲網を狭めていったり、犯人の動きを読んで先回りしたりする。

diceicon.jpg  しかし、それだと人数的に犯人側が不利になりませんか?
124.gif  犯人は基本的には見えない状態で動くことになるから大丈夫だよ。
   御丁寧にボードのどこを見てるかで犯人プレイヤーの動きを読まれないようにする為に、
   視線隠し用のサンバイザーが付属していたりする(笑) 実はそんなにプレイしたことはないんだけど、
   とても気に入っているゲームの1つなのでいずれ買うつもり。

diceicon.jpg  Σ 持ってないのにお勧めしてるんですかー!?
124.gif  自分で持っていなくても、誰か一人が持っていればみんなで楽しめる。
    これもボードゲームの魅力の一つだ。 さて、最後に紹介するのは『シャドウハンターズ』

diceicon.jpg  これはAHCでもよくプレイされていますね♪
124.gif  プレイヤーは最初に配られたカードでシャドウ(狼男やヴァンパイアなどのいわゆる化け物)と、
   それを狩るハンター、そしてどちらでもないニュートラルに分かれる。
   基本的にシャドウはハンターを、ハンターはシャドウを攻撃して全滅させれば勝ちなんだけど、
   ゲーム開始時点では誰がシャドウで誰がハンターなのかは解らない。

diceicon.jpg  誰が敵で、誰が味方か解らない状態で始まるんですよね。
124.gif  迂闊に正体がわからないまま叩いて、それが味方だったら目も当てられないからね。
    ……昔、正体判明する前に味方から集中攻撃されて、7点も減らされたことがあったっけ。

diceicon.jpg  昔話はそれくらいにして説明を続けますよ。
   正体を予測する為には、他プレイヤーの行動をよく観察したり、他のプレイヤーに秘密の指示を与える
   「おばばカード」を使う必要があります。

124.gif  おばばカードを渡されたプレイヤーはその指示に従わなければいけない。
   例えば「おぬしがハンターだったら、1点ダメージ受けるのじゃ」とかであれば、ダメージを受けたかどうかで
   正体を予測できるというわけだ。
   しかし、正体がわかった所で、ニュートラルの特殊な勝利条件が関わってきたりする……。
   そう簡単にはいかないところもポイントだね。
   以上、とりあえず日本語版が出てて、マニュアルが読みやすく、入手しやすくて、初心者でも難しすぎない
   (定石の多いゲームは初心者が入って行きづらいので)物を選んでみました。
diceicon.jpg  あ、もう1つだけ、だいすも紹介したいですー。
124.gif  ほほう。遠慮せずにどうぞどうぞ。元々ここは君の場所だしね。
diceicon.jpg  だいすの個人的お勧めは『ブラフ』
   全員でカップの中でサイコロを振り、場に出てる目の数を予想していくゲームです。

124.gif  なるほど、これは確かに大量にサイコロがあるね。だから紹介したかったのか(笑)
diceicon.jpg  それだけじゃありません。ちゃんと面白いゲームなんですよー?
   全員がカップの中でサイコロを振り終わったら、一人ずつ順番に、今この場に○の目が○個ある!と
   予想していきます。 次の手番の人はそれを嘘だと思ったら「ブラフ!」と言い、
   本当にありそうだと思ったら今度は自分が予想を立てる番になります。
   ただし、目の数か予想の個数のどっちかは上げていかなければ行けないので……。

124.gif  だんだんきつくなる訳か。確かにこの目は○個以上ありそうだなぁ、でも「ブラフ」かけないと、
    自分は○以上の目を○個以上で賭けないと行けないけど、それは無さそうだし困った~ッて感じになる。

diceicon.jpg  また、このゲームのサイコロには6の代わりに「どの数字の目としても扱える」☆の目があるので、
   更に駆け引きを熱くさせますよ。

124.gif  このカップで振るのが、なんか丁半博打のツボ振りみたいな気分になるな(笑)
   スコットのサンバイザーもそうだけど、コンポーネントの面白さも重要なポイントかもね。

Q.よりボードゲームを楽しめるコツがあれば教えてください
diceicon.jpg  さて、最後の質問です。
124.gif  これはまた、漠然とした……(苦笑)
diceicon.jpg  台本がそうなってるんですから諦めて下さい。さぁ、一言どうぞ。
124.gif  えーと……TRPGなどと違って、勝利へ向かって邁進するわかりやすい目標、
   ある意味プリミティブな楽しみ方が出来ます。
   自分は勝負事に弱いとか、苦手だと思ってる人も楽しめますよ。
   さっき言ったシャドウハンターズで味方にボコボコにされたという話も、勝利だけを目指した場合だと
   致命的な状況ですが、味方同士と言うことが判明したときの場は大爆笑。大いに盛り上がりました。
   こういう楽しみ方も、人と人とでプレイする物ならではの楽しみだと思います。
   ……と、こんなところで良いかい?

diceicon.jpg  はい、大変助かりました。お疲れ様ですー♪
最近はボードゲームをプレイした事がない人も多いかもしれませんね。
これを機に、御友達集めてプレイしてみては如何でしょうか。

124.gif  ところで、実はまだまだ紹介したいゲームもあったのだが……。
diceicon.jpg  あれでも長すぎるくらいです。自重して下さい(苦笑)
124.gif  『ニムト』とか『Once Upon A Time』とか『あやつり人形』とかさ。
diceicon.jpg  『ニムト』は割と手軽で良いと思いますが、後者の方は慣れた人向けだと思います。
124.gif  そうなんだよね。『あやつり人形』はプレイ時間も長めでちょっと難易度が高い。
   『Once Upon A Time』は……あまりにも特殊すぎる。 だから今回はあえてはずしたんだけど。
   いずれまた紹介したいね。

diceicon.jpg  また次回のお楽しみという事で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL