新旧TRPGの旅・第3回ですよー


dice_ani_01.gif
今日もあなたの人生クリティカル★
こんばんわ、だいすです。
今日は、だいすがランダムで選んだゲームを御紹介する
新旧TRPGの旅・第3回なのです。
早速ですが、はりきってダーツ投げちゃいます。
残念ながらパジェロは出ません
いきますよー、えいっ☆
を、を、これはまた・・・素敵なものが出ましたね。
今回御紹介するゲームは、
「新世紀エヴァンゲリオンRPG」です。
nervhakusyo.jpg19943060.jpg
はい、名前だけは皆さんも
十分聞いた事があるかと思います(笑)
社会現象にまでなったアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」
そのTRPGが、実は過去に何冊か出てるんです。
御存知でしたかー?
まず1冊目、「NERV白書」
此方は、1996年4月に角川書店から発売されました。
ゲームデザインはORGの中澤光博さんです。
この本は、劇中内で起こった事件が時系列に紹介されている
資料集になってまして、それを色々と利用してゲームします。
参加者は、NERVの職員(基本的には原作の登場人物)を
プレイヤーキャラクターとして演じる形になります。
劇中における任意の1ヶ月を1回のセッションで扱い、
キャラクターシートがカレンダー形式になっているのが特徴ですね。
生活の内容によってPCのストレスが増減したりして、
それがエヴァとのシンクロ率や作戦成功率に関わってきます。
イベントは、すべてカードにより発生する形式になっているので、
カードゲームみたいな雰囲気がありますねー。
エヴァといえば、使徒襲来。
戦闘時、もちろんPCはエヴァに搭乗することになります。
それまでのキャラクターたちの人間関係などによって、
シンクロ率が決定されちゃうのです。
高いと勝利しやすく、低いと敗北しやすい。
結構大事です、シンクロ率(笑)
戦闘ルールはかなり軽量で、基本的には
そこまでにいたる過程の人間ドラマ部分に焦点おいたゲームになっています。
「カオスフレア」や「魔都物語」のようなRPの好きな方は
結構ハマる所かもしれません。
2冊目「使徒降臨」は、
1997年12月に発売されました。
此方は、前作で扱われていなかったTVシリーズ後半の内容を補完した本で、
書籍としての基本的な体裁やゲームとしての遊び方は
基本的に前作と同じ内容となっています。
そして、1冊目と2冊目の間に1997年5月に富士見書房さんから
「新世紀エヴァンゲリオンRPG2 -使徒接近-」が発売されています。
アニメ放送から10年経った今でも尚
エヴァ人気は衰えを見せていません、凄いですねー。
パチンコになってみたり、今年9月頃には
新たなエヴァの映画が発表されるみたいです(wktk
そして、アニメ放送時から続いているコミックは
未だに完結していません。
何度やっても終わりの見えない所は、
この原作とTRPGに共通しているような気がしなくもありませんね。
アニメ版の最終回ではありませんが
一味違うシンジ・綾波・アスカを皆さんの手で演じてみるのも、
また、面白いんじゃないでしょうか♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL