あ、ライカだ


意図せずカメラが増えていたコトって、みなさん経験ありますよね?

あれ、なぜなんだろうね。
昨日、東京メトロの謎解きゲームにチャレンジして、最終地点まで到達して、よーし祝杯だカンパーイ、おいしー、さあ帰ろう、疲れたーって家で一息ついて気づいたんだよね。

あれ?カメラが増えてる……。

まぁ増えたものは仕方ない。
こいつはどこの子だと確認したところ、パナソニックのGX7mark2というコトが判明。
おお、最近欲しいと思っていたカメラじゃないか。
ようこそここに、クッククックー。

ちゃうねん。
綾瀬はるかのためやねん。
オレ綾瀬はるかめっちゃ好きやねん。
だから綾瀬はるかのために、シャンプーはパンテーン、ジュースはコカコーラ、しょうゆはキッコーマン、お菓子はジャイアントコーン、化粧品はSK-Ⅱを使っているのであり、それなのにカメラはパナソニックを今まで一台も持っていなかった。
これはダメだ、切腹級の失態だったのであって、つまりはそういうことである。
ちなみにパンテーンはいつの間にかCMから降りていたのでもう別の物に変える次第である。

レンズはライカ銘の15mmf1.7。
パナソニック製と分かっていながら憧れてしまう、あのパナライカである。
いや、それがね、使ってみたら、確かにライカだったんだよ。
ライカなんて今まで使ったことないので、何が確かにライカなのかよく分からないけど、でもよく言われる、コッテリとした色のりとか、確かにライカなのである。

やっぱりライカはいいねぇ。
単焦点(ズームができない代わりに、その専用設計から画質が良くなる)だからこその解像感ももちろんあるが、こういう他のメーカーにはない色の出し方をしてくるあたりが、オンリーワンの存在なのだろう。
買ってよかった。

いや、買ってない、増えただけなんだけどね。

んで、なぜGX7mark2を買った…増えたのかと言えば、それはスナップのためである。
前回のエントリーで言ったように、スナップを撮るなら、軽くて小さいシステムがいいのだ。
その点、GX7mark2+ライカ15mmF1.7は、まぁ小さいかな、軽ってほどでもないけど、軽い部類。
その上手ぶれ防止が本体側についていて、サイレントシャッターもできる。

というわけで、なぜか増えてきたカメラである。
今後、こいつの使用感というか、使っていく中でのレビューを書ければと思っている。
ご期待頂ければ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL