邪神がこの中にいる!


邪神がこの中にいる


◆プレイ人数 4~8人用
◆プレイ時間 約30分
◆ルールデザイン:松尾直樹
◆対象年齢 12歳~


テキスト

本作の特徴

「邪神がこの中にいる! あいつかも知れないし、こいつかも知れない。そして、私かも知れない・・・」

各プレイヤーには、異なる特性とスキルを持つ探索者カードが配られるとともに、他プレイヤーに見せない狂気度カードが配られます。
tansakusya

調査カードで、他プレイヤーの狂気度を探りつつ、自分たちの陣営に有利なアイテムをセットしたり、移動させたり、破壊したりしながら、プレイを進めます。
最終的に狂気度が最も高いプレイヤーが邪神となり、他のプレイヤー達=探索者達と最終決戦します。
降臨される邪神はとても強力です。邪神となるプレイヤーをうまく見つけ、プレイヤー同士協力しない限り、人類陣営は邪神の圧倒的な力の前にひれ伏す事になるでしょう。
jyashinsama

狂気度は、セットされたアイテムやイベントなどで上下します。ですから、自分が邪神だと思って立ち回っていたら、邪神じゃなかった。邪神じゃないと思っていたら、邪神だった。と思わぬ展開が待っているかもしれません。
割り振られた探索者達の能力によっても、ゲームの戦略が変わって来ます。毎ゲーム違った展開になりますので、何回も飽きずに遊べます。
aitems

プレイ人数の良いバランスは5〜6名ですが、4名〜8名程度まで遊べるゲームです。

 

◆ プレイ動画(前編 / 後編) ◆


◆ 特集を連載中 ◆

No1_ゲームの流れ

No2_狂気度
No3_探索者
No4_降臨前プレイガイド
No5_邪神決定フェイズ
No6_戦闘力

インフォメーション

本作は、「グループSNEの第1回カード・ボードゲームコンテスト!」
最終候補作品です。
http://www.groupsne.co.jp/news/etc2015-1.html#sne2015_bg

試遊を繰り返し、講評の問題点部分のルールやバランスを調整しました。