スナップ向けカメラシステム


あけおめです!
今年もAHCは昨年以上にアクティブ活動していくつもりですので、どうぞご支援ご声援をお願いいたします。
AHCの活動予定はこちらで公開していますので、チェックして頂ければと思います。

ところで、昨年31日から新年2日にかけて京都に行ったんだけどね、やっぱり観光地で綺麗な写真撮ろうと思ったら、事前にロケハンして場所を固めておいて構図や時間やテーマを決めるなど事前準備をシッカリしておかないと難しいという結論に達した。
達した。
もちろん全く撮れないというワケではない。
それなりに数撮れば数枚ぐらいはいいねって感じの写真はとれる。
こんな感じに。

ただ、ヒット率がものすごく少ない上に、複数人で旅すると、満足いくまでの撮影時間はどうしても限られてしまう。
写真撮らない奴がヒマしてしまうからだ。
気遣いができるサークル主催者と呼び声の高いあまおち総統は、他のメンツがヒマしている姿を放置するなんてできないワケなのだ。
うんうん、さすが総統。

こうして考えた時、やはりオレは風景写真よりはスナップの方が好きだというコトを再確認することができた。
具体的且つ時期的に言えば、神社の建物とかよりは、初詣している人達を撮る方が好きなのだ。
巫女さんが撮りたいだけなのだ。
うおォン。オレは人間発電所だ

なので、今回は「OM-D E-M5 MarkII(デジタル一眼本体)」と「12-100mm F4 Pro(レンズ)」をメインのシステムとして振り回していたんだが、これ、必要ないね、と。
15万近くするレンズ使っておいて「必要ない」はちょっとつらいところがあるんだが、これ、やっぱりマイクロフォーサーズ(デジタル一眼としては全体的に小さく軽くすることができる規格。主なメーカーはオリンパスとパナソニック)としては重いんだよね。
いや、こんな使い勝手抜群で画質抜群なレンズはないから別の場面での使いどころはあるんだけど、ただほぼ一日中歩き&バス&人が多い観光地の場面でスナップメインにするなら、ここまでのシステムはいらないかなと。
一眼レフよりは抜群に軽いのはその通りなんだが、やっぱり旅するワケだから、軽ければ軽い方がいいというのは真理なんだよね。
多分風景メインならE-M5と12-100はベストシステムだと思うんだけどね、三脚もあればハイレゾショットできるし、でもやっぱりスナップなら、軽くて小さいカメラを気軽にぶん回す方がいいと思ったのよ

と考えた時、どんなシステムがいいのかなぁ、と。
マイクロフォーサーズの別の小さいカメラにして、基本を単焦点にして、いざと言うときのために「14-150mm」を持っておくとか。
ただPen(オリンパスの小さめのカメラ)だとサイレントシャッターがないし、GMシリーズ(パナソニックの小さめのカメラ)だと、手ぶれ防止がボディにないので、オリンパスのレンズが使いにくい。
では、もしくはソニーか富士フイルムの小さい系のカメラと単焦点か。
いやいやこれ以上マウントを増やしてもダメだろう、金が持たない。
キヤノンのミラーレスか…。
いっそのこと、コンデジにしてしまうか。

うーん、と、いまこんな悩み中なのである。
決して、かこつけて新しいカメラを買う理由を作ろうとしているわけではない。
決してだ

というワケで、これを読んでいる1億625万人のカメラファンの皆さんに置かれては、ご意見ご感想を頂ければと思う。
あとついでにAHCのゲームについての感想も貰えると泣いて喜びます。
よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL